8/20(土) 

日本縦断ツーリング37日目

行程

十和田湖生出キャンプ場-レッドバロン青森-花輪ばやし-十和田湖生出キャンプ場

ルート

ルート画像

注)ルートはGARMIN GPSmap 60CSにて記録したものを、
取り込み、加工したものです。
一部、海を走っているように見える部分がありますが、
不必要なデータを表示させないために、
マップの詳細を最低レベルに落としているためです。
トンネル、深い谷など電波が受信できないため、
ルートが途切れているように見えるところがあります。

昨晩の宿泊地

十和田湖生出キャンプ場
十和田湖生出キャンプ場
朝に帰ってきて、うだうだしていたら、
管理人がやってきたようなので料金の支払い。
昼まで寝て…特に睡眠不足も感じなかったので行動することにしました。


タイヤ
十和田湖のほとり-奥入瀬-八甲田と走って青森市街まで。
ここしばらく後輪タイヤが空気圧が抜けてることが多く、
これまでパンクという経験がないのでパンクなのかどうか…(^_^;)
どうせパンクでも、修理キットを持ってないので、
レッドバロンまで行くことにしてました。
考えてみたら、昨日も行ってる訳なのですが、
あんまり対応がよくなかったので、まぁ…(^_^;)
結論から言うと、結構長い釘が刺さっていたらしいです。
それはそうとして、ここでびっくりする出会いがありました。
店舗にいた一人のライダー、どっかで見たことがあるような気がする…
向こうもそう思ったらしく…VFRの修理が終わって出てきたところで、
鹿児島ナンバーを見てか、「どこかであったことが…」、
「いや、僕もそう思うんですけど」…といううちに、
「ああ、お客さんだ」と、アウガ地下の寿司屋の大将でした(笑)
話をして、店員さんとも少し話をして出発。

八甲田山後藤伍長の像
八甲田はあまり天気も良くなく、岩木山も見えずじまいでしたが、
とりあえず、後藤伍長の像を見に行きました。

八甲田山後藤伍長の像
後藤伍長というのは、八甲田山雪中行軍遭難事件での生存者の一人。
事件は200名近くの犠牲者を出した大規模なもので、
夜には絶対来たくないところです(^_^;)
まだ夕方なのですが誰もおらず、足早に見学しました(^_^;)

十和田の夕焼け
奥入瀬を抜けて十和田湖のほとりまで来ると夕焼けがきれいでした。

十和田の夕焼け
変則的なスケジュールだったので、
花輪ばやしをまた観に行くか迷いもあったのですが…
せっかくなので観に行くことに。
ちょっと、キャンプ場にテント張ったのは失敗だったかも?
いつものように道の駅で雑魚寝してたら負担も少なかったと思うのですが、
鹿角の道の駅は先日、人のトラブルのフォローをして、
道の駅の人にちょっと注意されたので使いにくかったのです(^_^;)

花輪ばやし
今日の昼間は各町内自主運行をしているようで、
(子供たちが中心でしょうか?)
もう一回、駅前行事のあと、
祭りの終わりを神社で神様に報告する赤鳥居行事、
そのあとは各町内へ帰還という流れらしい。
その駅前行事で屋台が並んだ様子。
広場への人の入り込みが規制されており、
正面は有料の桟敷席が設けられてるので、
あまりいいアングルとは言えませんが…

花輪ばやし
駅前行事でのさんさ。

花輪ばやし
そこからはまたばらけて運行。
全体的に、特に鉦や太鼓は若い人が多いな、と感じる祭りですが、
その中でも特に若い(笑)

花輪ばやし
この男の子がノリノリで、周りもつられて盛り上がっていました。
祭りにはこういう人が必要…うらやましいです(笑)

花輪ばやし
私はいい場所を確保するため、
早めに赤鳥居行事が行われる神社の前に移動していました。
そこまでしなくても…という人出でしたが(^_^;)
0時前と遅いことも当然あるのでしょうが…
衆人環視の中、通常の外交とはちがうくっつき方をする二人(笑)

花輪ばやし
報告の様子。

花輪ばやし
屋台の後ろにちょうど鳥居があって、
そこを曲がっていく屋台…こうやって時々踊りがつきます。

花輪ばやし
屋台の様子。

花輪ばやし
神事前。

花輪ばやし
鳥居の前で整列…神事そのものはあっさり終わったような。

花輪ばやし
ふたたび、さんさの用意。

花輪ばやし
さんさ前の点呼。

花輪ばやし
さんさ。その前の口上で、
「花輪ばやしは日本一の祭囃子、その誇りとプライドを持ち、  永遠に続くことを願って…」
とのことでした。その気持ち、うらやましい限りです。

花輪ばやし
近くのお店に貼ってあったもの。
組丁というのは参加する町の一つで、
浴衣他にに「若」の文字が多いのは、
参加者を「若者」というから?という感じです。

花輪ばやし
祭りとは全然関係ないのですが(^_^;)
さんさが終わったら私も帰ることにして、
その途中、街中で撮ったもの。レトロな感じがいいなぁ、ということで。
建物はまぁ、写真撮るモノではなかったかと思いますが、
鳥居の前のお店や建物も、レトロな感じでよかったです。
街中に湧水もあったりして、ここの街がなんだか好きになりました。
そうして、今日は暗い中を発荷峠通って帰還。
すれ違ったりした車は街中抜けてからは片手で数えられるほどでした(^_^;)

走行距離

218.2km

本日の家計簿
キャンプ場宿泊料3泊分700円
レッドバロンパンク修理1260円
自販機コーラ50円
ラーメン屋ラーメン900円
JASS13.01L 160円/L2082円
サンクス食料781円
自販機お茶150円
ローソン軽食394円

当日のブログ記事


前の日へ 目次へ戻る 次の日へ


inserted by FC2 system