9/30(金) 

日本縦断ツーリング53日目



(ボランティア期間26日)

行程

アカヌマさんの家〜銀座〜築地場外市場〜目黒寄生虫博物館〜アカヌマさんの家

ルート

公共交通機関で移動のためなし

リンク先がある画像のリンク先は「フォト蔵」です。
元サイズ(基本3344x1872)の画像を見ることができます。

昨晩の宿泊地

アカヌマさんの家
アカヌマさんの家には2泊させてもらう予定で、
予定は会う前からいろいろ話し合っていたのですが、
アカヌマさんが「寄生虫博物館に行きたい」とのこと、
(一緒に行ってくれる人がいないんだそう…)
その時は「銀座の」ということだったので、
私が銀座に近いらしい「築地」を提案。
その後、銀座ではなく目黒ということが判明したのですが、
予定はそのままで、築地と目黒に行くことになりました。


DSC06317
JRで1時間ほどかけて、銀座まで到着。
築地の方角にあるいていくのですが、
途中で三越があったので、酒コーナーをメインに見学。
写真は地下の駐輪場の料金案内ですが、ずいぶん高い(^_^;)

DSC06318
途中にあった看板。

DSC06319
角度が変わっても、しっかり見ることができる…それだけ(^_^;)

DSC06320
そのうち、築地場外市場に到着しました。

DSC06321
「正本」という包丁専門店…名前を聞いた覚えがあります。

DSC06322
波除神社。築地の成り立ちとも関係する神社。
ウィキペディアの項
公式サイト

DSC06324
獅子殿の、厄除天井大獅子。この神社のメインのお祭りは、
この(これじゃない場合もあるようですが)獅子の頭を担いで歩くお祭りです。

DSC06323
摂社弁財天社の、お歯黒獅子。
このほか、普通の神輿もあって、
3年に一度の本祭りではどれか2基を、
それ以外のかげ祭りではどれか1基を、
町で話し合って担ぐという形を取っているんだそうです。

DSC06325
神社の本殿。

DSC06326
説明板。

DSC06327
ターレという、運搬車…築地らしい、ということで。

DSC06328
築地場外市場の通りの様子。

DSC06329
「巨人 大鵬 丸武卵焼き」という写真。

DSC06330
適当にあるいたところで、ご飯を食べることにしました。
もっとリサーチをしとけばよかった、と思いつつ、
お店は適当に入ったのですが、安い割にはおいしかったです。
(2012年の初セリで一番高い本マグロを落としたチェーンでした)

DSC06331
こちらはアカヌマさんの海鮮丼。

DSC06332
築地市場正門。

DSC06337
移動して、目黒寄生虫博物館。
公の博物館ではなく、入館料は無料ということで、
写真撮影について(可能)、それをネットにアップする場合の注意など、
(他の見学客が写っていないこと)書いてあるところに好感が持てました。

DSC06341
日本海裂頭条虫の、8.8mの標本。
この博物館のメイン展示ですが…
以前に何かで読んだ時の記憶で、
もっとインパクトがあるかと思っていました(^_^;)
ま…寄生虫が怖いことだけはよく分かりました。

DSC06348
駅に戻る途中の「大鳥神社」に参拝。
目黒区で最も古い神社だそうです。

DSC06345
境内にあった「櫛塚」。
いろいろ書いてありましたが、
祭神の日本武尊の東征のなかで、
弟橘媛が入水したのち、
その櫛が流れ着いたというエピソードがあるようなので掲載。

DSC06346
神前式のポスター。きれいなので(^_^;)

DSC06347
社殿の様子。

DSC06349
走っていたバス。

DSC06350
帰還してからは、アカヌマさんの奥さんとも合流して、
3人でワタミ系列の居酒屋で飲んでいました。
二人は新婚旅行で、車での日本一周?をしたそうで…
旅人ならば、誰もがその土地その土地での記憶を持っていると思いますが、
それを共有できる相手がいるということは、
とてもうらやましいことだと思えました。
ちなみに、写真は店内に貼ってあったポスター。
陸前高田市の震災復興イベントで、ボランティアついでに参加しましたが、
何で貼ってあるんだろう?とちょっと考えたら、
ここのトップの渡辺美樹氏が関わったとか聞いたような覚えがありました。

走行距離

0km

本日の家計簿
コンビニコーヒー120円
波除神社賽銭10円
JR切符代合計1750円
すしざんまいすしランチ、ビール2499円円
大鳥神社賽銭10円
自販機カルピスソーダ110円
自販機ジュース120円
和み亭飲食代3000円

当日のブログ記事


前の日へ 目次へ戻る 次の日へ


inserted by FC2 system