7/30(日)

行程

道の駅新潟ふるさと村〜笹川流れ〜鼠ヶ関〜鳥海ブルーライン〜道の駅ブルーメッセしょうわ

天気

晴れ時々曇り


起きたのは8時前ぐらいでした。
駐車場も広いですが、建物も多い道の駅で、
とりあえずトイレ&洗顔、歯磨き・・・と思ったのですが、
トイレの場所が良く分からず・・・
建物の近くを歩いてみるも、案内はなく・・・
しかし、敷地内では何かイベントの準備をしているようでした。
トイレの場所は分からなかったので、
道の駅のスタッフらしき人に聞いて解決。
テントまで戻る途中の駐車場には、
集団ツーリングらしき一団もいました。
今日は日曜日だったためか、すれ違うバイクは結構多めでした。
しかし、サインを交わしたのは一回のみ(笑)
テントに戻ってからは、昨晩何もせずに寝てしまったので、
金銭出納帳つけたり、パソコンを開いて画像や軌跡データを取り込み、
そんな作業を9時までして、9時からは撤収作業を開始します。
そうして出発したのは10時前でした。

今日も青森目指して走る日です。
しかし、昨日一昨日と頑張って走ったためか、
今日は少し寄り道をしても大丈夫かな?というくらいの残りの距離。
前回、東北の日本海側を走った2005年11月中旬には既に閉鎖されていた鳥海ブルーライン、
とりあえずそこは走ることを決めて出発。
鳥海山の山腹を走る道なのですが、
その展望台で夕日を見て、
下って少し走ると道の駅象潟があるので、
そこで泊まりかな?という感じでした。

とりあえず、国道8号線に乗って北上します。
ホントに高速道路のような道です。
8号はすぐ7号に変わり、更に北上。
「ここは一般国道、スピード落とせ」みたいな看板もありましたが、
そんなむちゃくちゃな速度の車はいないものの、
かなりのハイアベレージで流れています。
道路の様子も高速道路と変わらないし(笑)
国道7号は少し内陸を走ることになるので、
平行して海沿いを走る国道113号線を走ろうと思っていました。
案内が出てきたところで113号線に入るのですが、これが失敗・・・(-_-;)
113号線は新潟に戻る道と、北上する道とあり、
両者がつながっておらず、
私が入ってしまったのは新潟に戻る道のようでした。
おかしいな?と思ってUターンし、来た道戻って再び7号へ。
道の駅豊栄は、食事も安かったし、無線LANのスポットもあったかと記憶してますが、
とりあえずアップロードは昨晩マックでしましたし、
今日はいいか、とそのまま進みます。
北上する113号への分岐もちゃんとあったのですが、
先ほどの件で疑い深くなっており(^_^;)
そのまま7号を進んでしまいました。
ま、いいか、とそのまま行くと新発田市街へ。
その新発田に入ったところで高速道路のような道は終わり、
今度は逆に片側一車線の混雑してる道に7号はなりました。
そのせいで、普通に道路わきにお店があるので、
セブンイレブンに入って朝食休憩。
飲み物も、出来るだけ安い物を、と思って紙パックのもの。
そんな暑くないし、喉も渇いてないから大丈夫かな?と思いましたが、
とりあえず500mlの物・・・午後の紅茶、パイン&マンゴーティーです(笑)
メインのダージリン(だっけ?)、レモン、ミルクは500の紙パック入りとかないのに、
こんな変なものだけ500mlの紙パック入りがあるというのも微妙ですが・・・(笑)
まあ普通には飲めました。
マップルを見て、113号線を確認するも、
海沿いというだけで沿道には何があるわけでも無し、
このまま7号を進むこと決定。
しかし113から接続する予定だった国道345号線、
こちらも海沿い走りながら北上する道なのですが、
沿道に名勝「笹川流れ」があるので、こちらは必須です。
しかも国道7号線と345号線は、ここ辺りでは直接接続しておらず、
県道を走って入らなければなりません。
そこを辺りの地図を注意して覚えて走り始めます。

荒川という川の手前から7号をそれ、
345に向かって県道を走ります。
目の前をパトカーが走っていたのでおとなしく走らねばなりませんでした(笑)
無事、国道345号線に入り海沿いを北上します。
途中に「ようこそ笹川流れへ」というような看板があり、
「眼鏡岩へ22km、日本国へ50km」とか何とか・・・
岩はいいとして、「日本国」ってなんだ?
例の「日本中央」関連の物か?と思いながら走っていました。
笹川流れというものは、厳密に北はここから南はここまで、というのが決まってるようで、
そこが厳密に笹川流れかどうかは分からないのですが、
2005年11月に南下するときに驚いた、
大きな岩壁とそれを貫くトンネルにはやはり驚いたり・・・
でもやっぱりどこがどうすごくて名勝になってるかはよく分からずです(^_^;)
そんなこんなで走っていくと、道の駅笹川流れへ。
駐車場が狭くて、混雑していたので、
最初はパスしようかとも思ったのですが、
トイレに行きたいかな?という感じもあったので、
Uターンして入ることにしました。
車は入りきらないほどでしたが、
VFRは他のバイクが2台とまっていたに余裕あったので停めます。
静岡ナンバーのアメリカンが一台いまして、
北海道へ行ってきたのでしょうか、ホクレンのフラッグをさしていました。

トイレを済ませて、ちょっと景色を見てからレストランへ。
ここに入ろうと最初思ったのは、「岩ガキ」というノボリがでていたからです。
通常のカキが冬の味覚なのに対し、
この岩ガキは夏の味覚、私はまだ食べたことがありません。
生ビールor〆張鶴と岩ガキ2個のセットで1,000円というのがあり、
私も〆張鶴は好きなものですからいいなぁ、と思いましたが、
当然それは注文せず、岩ガキ一皿2個単品のみ注文。
これが美味しかった!
普通のカキより大きめで、
もみじおろしとネギが薬味として添えられており、
ポン酢のような物で食べるのですが、
普通のカキのようなクセがなく、ちゃんと味も濃厚で、
「なにこれ、ウマッ!」と思いました。
1個目は一口で食べたのですが、
2個目はもったいないから二口で食べました(笑)
もっと食べたかったけど、節約節約・・・
しかしこんな美味しいんだったら、
もっと早めに食べておきたかった・・・という感じ。
青森から南下する際に、チャンスがあればまた食べたいと思います。

道の駅の説明とかを読むと、
笹川流れとは、奇岩と白浜青松が織り成す光景のことだとか。
確かに奇岩はところどころで目に付くのですが、
白浜と青松というのはそこまでもないような・・・?
道の駅笹川流れからの風景
こういう風に、やはり護岸工事が増えてるからかな?とも思いましたし、
遊覧船も出ているようですから、
海から眺めるとまた違った感想があるのかも知れませんね。
あと、「日本国」というのは山の名前であるようです。
マップル見ても、そういう名前の山は発見できませんでしたけど、
異称とか、別称とか、そう言う感じの名前なんでしょうか?
そこからまた北上して行き、
いくつか名前が付けられているような奇岩も見られたのですが、
あいにくの海水浴シーズン・・・
駐車できそうなスペースがちょっとでもあると、
そこは既に車が駐車してまして、
まぁいいか、と諦めることがありました。
更に走っていくと、今度もおおっ、という風景・・・
幸いそこは左側に広い歩道があって、
そこに停めて写真を撮りました。
写真撮り終わって少し走ると、
「笹川流れはここまで」という看板出てきましたし、
マップルによると、笹川流れは北は狐崎からということですから、
きっと「狐崎」というところだと思います。

笹川流れ「狐崎」

写真のずれが大きいパターンが続きますけど(^_^;)
それはまた後日修正するとして・・・
「笹川流れ」を実感を持って体感できたわけではないのですが、
最後の最後で少しは片鱗に触れたかな?
という感じのところが見られたのは良かったです。
更に北上していくと、国道345号線は7号と合流。
少し走って奥羽三関所の一つ、「念珠関」跡を見学しました。
念珠関址の碑
何でも古代の物を「鼠ヶ関」、近世(江戸時代)の物を「念珠関」と言うんだそうで、
(読みはともに「ねずがせき」)
古代のものはここより1kmほど南、県境辺りなんだそうです。
そうそう、そういうわけで新潟県から山形県に突入!
再び東北にやってきました(笑)
ここの県境もただ県名と市町村名の標識があるだけだったんですけどね。
で、ここの近くには「弁天島」と言う陸続きの島があり、
行ってみようかとも思ったのですが、パスして出発します。

更に北上していくと、7号が内陸に入る部分があり、
海沿いを走りたかったので、7号を外れて県道50号を走ります。
マップルによると、庄内夕日街道というそうですが、
夕日なんかなくとも、とても美しいところでした。
山形県県道50号線より
こんな感じで、空と山と海が美しく調和しており、
何回も同じこと言いますが、道南のような雰囲気・・・
今日・・・というか、旅に再出発してより一番美しい光景でした。
先ほど夕日なんかなくとも、と書きましたが、
夕日に照らされると更に美しい光景になるのかもしれませんね。
しかし、程なくして海岸は海水浴客で一杯に。
道もちょっと込んでいたのですが、
水着のお姉ちゃんが歩道歩いているのも見られたし(笑)
海水浴客向け駐車場の入口に、
水着のマネキンが立っていて面白かったし(笑)
まぁよしとします。
そんな暑く感じられなくて、VFRの気温計で見ると27度とか。
鹿児島の最低気温が28度とか言う日もあったし、
夜より涼しいと言うことか・・・と。
日差しの関係とかで、体感温度はまた違うと思いますけどね。

県道50号を抜けると、国道112号を北上します。
空港の滑走路下を道が通っていたり、
道脇は白砂青松100選だという防風防砂林。
そこから酒田市街地に入り、市街を抜けると再び7号へ。
ここら辺りから微妙に雨が降ってきました。
この雨どうなるのかな?と心配になってきたあたりで、
ちょうど道の駅鳥海が近いとのこと、休憩も兼ねてそこに入ります。
しかし、ここも異様に客が多いところで・・・
近くに海水浴場があるからかもしれませんが、
もう3時ぐらいだと言うのに、食事軽食のコーナーは人が一杯いましたし、
進入口には交通整理員が3人ぐらいいました。
それとともに、荷物満載のVFRに注目する人もちらほらと・・・
若いお姉ちゃんが注目してくれたのはいいのですが、
「ほらほら」という感じで彼氏らしき男を呼んだのはガクッ(笑)
ま、そのとき私は少し離れたところにいましたし、
恥ずかしいので、VFRの乗り手が私であると主張する行動をとったりはしません(笑)
あと、手製のロングリアフェンダの部分には、
日本一周ツーリング中という文字と、URLが主に書いてあるわけで、
個人的にはURLの方を注目して貰って、
サイトに来てくれるのが一番望みたい効果なのですが、
「日本一周ツーリング中」に注目されて終わってるのかな?という感もありますね(^_^;)
それはそうと、ここではトイレに行ってコーヒーを飲んだのですが、
小用のトイレ・・・やけに背が低いような。
最初、子供用?と思ったくらいに背が低く、
しかし周囲の物も全て同じ高さ・・・
私の足が長いということでしょうか?(笑)

それはそうとして、雨は一時的なもので、
今後も降り続くということはなさそうです。
というわけで、装備はそのまま、
道の駅を出て、ちょっと国道を走ってから、
「鳥海ブルーライン」へと入って行きます。
先ほども書きましたが、以前ここ辺りを走ったときは、
既に冬期閉鎖されていたこの道路・・・
そのリベンジということになるでしょうか?(笑)
東北は2ヶ月以上走り回ったわけですけども、
それでも出来なかったことはいくつかあり、
名づけて「東北リベンジシリーズ」・・・(笑)
1.既に冬期閉鎖されていた「鳥海ブルーライン」
2.雪で引き返す羽目になった「月山花笠ライン」
3.結局、見ることがなかった「松島瑞巌寺」
4.最終日の昼しか見ずに失敗したと思った「青森ねぶた祭」
5.東北4大祭りの中で唯一見ていない「仙台七夕祭り」
他にも思い起こせば色々ありそうな気はしますが・・・
とりあえず、5の七夕祭りはいいかな?とも思うのですが、
それ以外は果たしたいな、と・・・
実際に今、ねぶたに向かって走ってるわけですしね。

で、鳥海ブルーラインなのですが・・・
走りながら、「天気が微妙なときに山に登るって雨に降られに行くような物?」
とも思ったのですが、幸い雨が激しく降るようなことはありませんでした。
しかし、路面はいささか濡れていましたので、
せっかくのワインディングロードが楽しめないと言うこともあったかな?
荷物満載のVFRでもあるし・・・
荷物積んでなくても、そんな飛ばして走る私じゃありませんけど(^_^;)
また、雲が多くて鳥海山の様子も見られませんでした。
途中、太平山荘というところが在り、その隣に神社が見えます。
もともと、ツーリングマップルで確認していたのですが、
大物忌神社中ノ宮とのこと・・・
出羽一ノ宮ということで、山麓と中腹、山頂に神殿があるようです。
山麓のところには去年行ったことあったし、せっかくだから寄る事にしました。
山頂のそこには、きっと行くことはないでしょう・・・(笑)
大物忌神社中ノ宮
社殿はコンクリート作りのようで、なんだか味気なかったし、
あまり参拝する人もいないのかな?という感じでしたが、
賽銭を投げて旅の安全を祈願します。
それと、敷地内に建っていた碑は、
それなりに感じるところがありました。その説明板
「東北維新」とか「東北を護る」とかはいただけないポイントですが、
「我づくり」・・・様々な方面、事柄で自分を鍛えると言うことだとしたら、
それはとても大切なことだな、と思いました。

そこから山形-秋田の県境を越えて走っていきます。
越えた辺りから、急に霧(雲?)が多くなってきたような・・・
鉾立展望台というところに着くと、辺りは完全に霧に覆われていました。
先ほどの太平山荘もそうでしたが、登山口らしく、
バックパックを背負った登山客が多く見られます。
私は登山をしないので良く分かりませんが、
今の時間に下山していると言うことは、
朝早く登って、日帰りということだろうと・・・
ならそのバックパックには何が?というほど重装備。
もしものために、緊急避難用の宿泊セットを全て背負っているのでしょうか?
それはそれでいいとして・・・
ビジターセンターもあったのですが、
靴を脱いでお入りくださいとのこと、
逡巡したあげく、めんどくさいからいいか、とパス(^_^;)
マップルによると、高さ300mの断崖を望む、とのこと、
最初は見上げるような感じなのかな?と思ったのですが、
実際は見下ろす物のようでした。霧が深くて、いまいちよく分かりませんが、
その断崖
日本海は見られないかな?と思ったのですが、
やはり霧が深くて何も見えませんでした・・・
鳥海山の写真が取れていないことも含め、
こりゃリベンジ失敗、再び来る必要ありかな?と感じることでした(^_^;)
また、さすがに気温も低く、17度ぐらい。
自販機も通常より20円アップのようでしたが、
ホットのものがあるのも、さすが、という感じでした。

そこからは山を下ります。
一時期、本当に霧が濃くなって10m先も見えなくなったとか、
やはりかなりの急カーブが続き、
ガードロープも全体的に低いので、
こりゃ下手したら崖の下にまっさかさまだな、と慎重に走ります。
下りて行くとさすがに気温も上がっていき、
霧も晴れてきました。
そして、道が追い越し禁止から禁止じゃない区間に入ったところで、
ちょうど目の前に農村の景色が開けて、ちょっと感動。
鳥海山麓の農村風景
自分の目で見たときは感動できたのですが、
写真はそれ程でもないな、と・・・(^_^;)
霧の中から出てきて、青空が見えたというのも大きかったのかも知れませんね。
更に進んで、「奈曽の白滝」の近くへ。
100名瀑の一つだそうですが、滝の位置が分かりづらく・・・
案内板で見てみると、駐車場から15分掛かるとのこと、
先も急ぎたいですし、往復30分は取れないな、と感じました。
更に案内板を詳しく見ると、近くに何か交流施設のような物があり、
そこにも「P」のマーク、またそちらの方が近そうだったので、
目指すことにしました。これが案内がなくて少し迷ったのですが、
ダートのところとかをそのまま進むと、
滝の下流の川に掛かるつり橋の袂に出てきました。
これがコンクリートで車輪のところだけ舗装されてる上に、
結構な坂道で、脇の駐車帯のようなところは未舗装・・・
というか、岩ゴロゴロでした。
せっかくなので、そんなところでも半分必死で安定するところを探し、
滝を見に行くことにしました。

つり橋からの奈曽の白滝
滝そのものはほぼ見えないわけで、なんじゃこりゃ〜、と・・・
まぁ虹が見えたのはいいのですけども、
VFRを停めたところにあった案内板によると、
滝上展望台もあるとのこと、引き返してそちらも行ったのですが、
これぐらいしか見えず・・・
これが展望台?という感じでした。
VFRのところに戻って案内板を再び良く見ると、
つり橋を渡って少し歩いたところに展望台があるとのこと、
せっかくなので、見に行くことにしました。
展望台というより、神社の敷地から見るという感じでしたが、
奈曽の白滝
つり橋から見たときは、滝つぼのところに人がいたし、
そこまで下りられるのかも知れませんが、先を急ぐのでパス。
また、ここの神社も参拝はしませんでしたが、
先ほどの大物忌神社中ノ宮より立派な社殿だと感じました。

未舗装の上、傾斜が付いた駐車帯・・・
倒したら大変なことだぞ、と何とか頑張ってクリア!
ホッとしました(笑)
そこからは国道7号線に戻るのですが、
象潟が近く、走っていると松島が見えたりもしました。
国道7号に戻ってからはまたひたすら北上。
ここあたりも見覚えが多いところで、
あそこ行ったなここで飯食ったな、ガソリン入れたな、とか思いながら走ります。
そして、ちょっと問題が・・・
財布の中身が実は心細く、ガソリン残量も少なくなってきていました。
もちろん貯金残高は十分なのですが、
普段使っている地元の信用金庫の口座に入れたままで、
郵便貯金の口座に移していません。
準備の不足といえばそうなのですけど・・・(^_^;)
金曜日に、おろしてた方がいいかな?とも思ったのですが、
食事は自炊すればいいので問題なしなのですが、
ガソリンがなくては走れないし、
イオンや郵便局のATMで試してみた物の、
他行の口座はやはり日曜の五時過ぎという時間では扱えないようでした。
1000円札はあったので、1000円だけ入れるかなとも考えたのですが、
燃費の管理がややこしくなるし、それも避けたい・・・
今日は本当は能代を過ぎるぐらいまで走ろうかと思っていたのですが、
秋田市内の中央郵便局の駐車場でマップルを見たところ、
少し北のほうに、道の駅があるらしい。
そこで泊まれそうだったら泊まることにし、
泊まれそうになかったら1000円ガソリンをいれることにして出発。
到着してみると、国道から少し入ったところにあり、
電源のそばにというのは無理そうでしたが、
テントを張る分には問題なさそうです。
さらに、道の駅の奥にはグラウンドゴルフ場と、
花壇が整備された芝生広場のようなところがあり、
グラウンドゴルフ場の駐車場の脇が良さそうだったのでそこに張ることにしました。
着いたのが7時ぐらいだったのですが、ご飯を食べたりしてると、
何だかんだで9時前ぐらいに・・・
そこから日記を書くわけですが、
ねぶた祭り期間中は、昼はきっと暇だろうと・・・
電源の確保という大問題はありますけれども、
何とかなると信じて、以前の日記はそこで書くこととし、
今日は今日の日記を書いていました。
何とか終わらせたいと思ったのですが、
やっぱり何だかんだで疲れているものだな、と・・・
ちょうど0時ぐらいに限界が来たので寝ることに。
マップルで明日のルートを考えてから寝ました。

本日の走行距離

325km

本日の宿

道の駅ブルーメッセしょうわ
エッジの通信状態:△

本日の家計簿

セブンイレブン朝食357円
道の駅笹川流れ岩ガキ2個650円
自販機ジョージアテイスティ120円
大物忌神社中ノ宮賽銭5円

本日のトイレ

回数下血の量
一回目(昼、道の駅笹川流れ)

本日の摂取物

セブンイレブンおにぎり、ハムたまごロール
午後の紅茶パイン&マンゴーティー
(500ml入り紙パック)
道の駅笹川流れ岩ガキ2個(超美味!)
自販機ジョージアテイスティ
自炊米+インスタントラーメン
テント内で夜水道水

(こちらは、潰瘍性大腸炎がらみの記録です)


7/29へ戻る 目次へ戻る 7/31へ進む


inserted by FC2 system